November 30, 2015

久しぶりに初冬の富士山。

11月28、29日。10年以上ぶりに富士山へ行ってみた。馬返しから。今年は雪が少なかったけど2日くらい前に降ってくれたのでちょうど良かった。時間によりお鉢回りはしなかった。今シーズン初の雪山は楽しかった。丁度いい足慣らし、体慣らしになったよ^^
004015016022025

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2015

初めての花塚山。

今日は福島の大日岩に行ったら道路工事中で入れなくて初めての花塚山に転戦。前から登ってみたかったカニクラックにトップロープをかけてトライ。前傾したワイドクラック。普通にレイバックしたらバランス悪くもたもたしてたらカニ様降臨。自然に体がカニの横歩きのようなレイバックの体勢になり完登。これがカニクラックの名前の由来。メッチャ面白いムーブです。ワイドムーブでトライしたけどかなりムズイ。いつかワイドムーブでマスタースタイルで登りたいなぁ^^
Img_1614_2Img_1618_2Img_1622Img_1623_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2015

仙台山岳連絡会議、秋の遭対訓練。

今日も穏やかな秋晴れでクライミング日和だったけど遭難救助訓練。黒伏のアプローチをセルフレスキューと言うことで背負い搬送しそのあとレスキューストレッチャーで搬送。最後は川にチロリアンブリッジを張って渡す。二日酔いでしんどかった^^;
035043


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2015

大倉クラックのトポ。

2009年ごろから登り始め3本くらいラインを引いた大倉クラックエリア。2011年の震災で柱状節理の岩が剥がれ落ちてアップデート?された奇跡の岩場。現在、6本のルートがあります。場所は大倉ボルダーの山側。ジャミングを駆使して登るクラックルートというよりはナチュラルプロテクションを使用したトラッドルートに近い感じ。小さい岩ですが東北では貴重なクラックエリア。浮石、落石があるのでヘルメットは必携。岩全体がほこりっぽいし、こけっぽい。岩質がやわらかいのでこまめにプロテクションをとった方がいいでしょう。終了点は木にスリングが巻きつけてあるけど心配なら捨てスリング、捨てカラビナ持参で新に構築してください。雨後は染み出しあり。暖かければ11月下旬まで登れるかな。車は定義山の駐車場に停めてください。①から⑥は15~12m。⑦は10m弱。
①ECB49、5.11a。上部の水平クラックに小さいカムを2つきめて左右のカンテを掴みながら3mランナウト。オススメ課題。②ガリガリ君、5.10b。③三角あぶらげ、5.10c。出だしが悪い。上部のテラスで②と合流。④キックアス、5.10c。フェースのホールドをひろいながら。⑤プロジェクト。⑥ンダッチャー、5.10a。中間で左のクラックは閉じててカムがセットしずらい。終了点は木の根。⑦無名、5.8。限定なし。
Photo_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2015

みちのくボルダリングフェスティバル2015 開催のおしらせ。

今年も恒例のみちのくボルフェスが開催されます。詳しくは主催者、NPO法人ファーストアッセントジャパンのホームページをご覧ください。スムーズな運営のためメールでの事前申し込みをお願いします。詳しくは下記リンクへ。
ファーストアッセントジャパン ホームページ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりに胎内岩。

10月3.4日。10年ぶりくらいに安達太良の胎内岩。風がビュービュー吹いて寒かった。目玉クラック、逆くの字クラック左、まりちゃんフェース?、ネコレイバック、オノハング、大カンテを登った。スーパーチムニーは敗退。これは来年、コケ掃除してもう一度トライしよう。終了点が古いスリングなどなので捨てスリングや残置用カラビナを持参したほうが良いでしょう。ボルトもヤバいのあるから要注意。
080042_2050063078


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 30, 2015

ゴルジュ突破実行委員会in安栖沢

9月27~29日。夏に残してしまった宿題をやりに安栖沢へ。国見温泉に行く側の林道から入り、安栖沢に接するあたりから下り入渓。滝は主に1~3mくらいしかないけど側壁をエイドで突破したりでムズかった。1回泳いだけどウエットスーツでも冷たくてブルブル。15mの滝のところで夕方になったので右岸側を高巻き、林道に戻る。ここでビバークするつもりだったが水がないため車を停めた小柳沢の橋まで戻り泊。翌朝は滝の上へ下降。ゴルジュはすぐ終わりあとは永遠とゴーロが続く。ゴーロではイワナさんが遊んでくれたので退屈しなかった。稜線に出たら冷たく強い風雨で過酷なしっぺ返しを受けた。低体温症になりかけさてヤバそうだったので阿弥陀池の小屋に避難して泊。翌朝は飛ばされそうな暴風の中、国見温泉んに下った。安栖沢のゴルジュは思ったより短いかな。それにそんなにきれいなゴルジュという感じではない。あまり遡行されてないので未知の部分を解明できそれが楽しかった。さてこれにて今シーズンの沢登り&渓流釣りはお終いかな。来シーズンもゴルジュ突破とテンカラ釣りの融合というテーマでいきましょう^^
010016021026035042047


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2015

飯豊、頼母木川、上ノ小俣沢。

9月21、22日。体調不良のため予定変更して一泊二日で飯豊の沢。あまり釣れるという話を聞かないので悪い予感はしてたが実際に釣れなくてノーフィッシュ。禁漁間近なのに最悪な沢。イワナの無い沢の夕餉なんてクリープを入れないコーヒーみたいだ(古っ)。沢の中間はゴーロ歩きが結構多い。でもスケール感のある沢、紅葉の稜線漫歩を楽しんだのでまっ、いいか。
005008014016022023037_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2015

リボルト講習会に参加してみた。

8月29、30日。日本フリークライミング協会のリボルト職人認定講習会。山寺でやる予定だったが雨のため急遽、三崎海岸のいそしぎエリアで行なわれた。東北五県から志のあるクライマーが参加。リボルト作業する人が増えれば東北の岩場整備もかなり進んでいくことだろう。
049051052


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2015

和賀山塊釣り旅。

8月26~28日。和賀山塊テンカラ釣り旅。ネイティブな奴らと出会い、原生林の中で過ごせて楽しかった。
006009010015025037


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2015

小又峡ゴルジュを突破してみた。

前から気になってた秘境、秋田県森吉山塊にある小又峡。8月13~15日で行ってみた。上流の桃洞沢は超人気の沢登りスポットだが小又峡はほとんど入渓する人がいない。今回、遡行してこのゴルジュの素晴らしさを知ることができた。ジャンプ、ヘツリ、泳ぎ、ヒールフックマントリングの連続。小又峡ゴルジュに酔いしれました。沢中泊の予定だったが14日が雨予報のため予定を変更して13日に日帰りで遡行。ノロ川橋に車を停めて遊歩道を三階滝まで。登れない滝は高巻き。上部は二口大行沢のU字ゴルジュみたいだがフリクションはいい。減水して条件が良ければ日帰りで遡行できるのでもっと入渓してもらいたいゴルジュです。砂地に足跡があり、あとでキャンプ場の方に聞いたら知った名前の方が前日に入っていたらしい。翌日は岩手県の安栖沢に移動したが夜半の大雨で大増水。安栖沢ゴルジュは次回の宿題です。
028_2030031035034039043

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2015

笠堀川、光来出沢。

7~9日で笠堀川、光来出沢。6日の夜、笠堀ダムに到着するがダムの提体かさ上げ工事で車両進入禁止になっていた。翌朝、車を下山口に停めてタクシーを呼びダムまで向かう。朝早くなので工事関係者もいなかったので工事中のダム提体を通過できた。ダム脇の道はヤブが生い茂り歩きにくいので湖岸を歩きバックウォーターまで。沢に入ると恒例のアブ祭り。毎年8月は三面川に行ってるのでアブには慣れたがやはり煩わしい。下部は下田川内山塊特有のゴルジュとエメラルドグリーンの流れできれいだ。お昼は冷やし中華。ヘツリ、泳ぎの繰り返し。東俣の出合いに素晴らしいテン場があったのでそこに泊。夕刻、テンカラ竿をだして1時間ほど東俣沢を釣りあがる。ここもイワナのパラダイス♪釣ったイワナを塩焼きと刺身にして夕餉。翌日もゴルジュからスタート。川原になってるとこでテンカラ振ってイワナ3匹確保。チョックストーンの滝はカムでプロテクション取りながら登る。遡行図では巻きになってるので楽しめた。なかなか良いテン場がなかったが750mくらいのところにやっと見つけて泊。翌日は小滝を登り、詰め。水の流れg多いとこ選んだが沢形が消えヤブに突入。猛暑の中、ヤブ漕ぎして粟ケ岳に到着。容赦ない日差しで下山時には体の水分がすべて出てるのではないかとゆうくらいの汗。下山して温泉で体重量ったら4kgほどやせてた。工事が進むとダムが通行できなくなるかもしれなので注意!
00200501001520452093825_a2485ef684_z01902102402503003620264447890_dbaeac6ec5_z20264361128_8d6408fae2_z039

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2015

HMI48ゴルジュを突破してみた。

仙台市郊外、広瀬川中流にある鳳鳴四十八滝。短いながら深いゴルジュを持つ。おととし遡行したときは上部ゴルジュを割愛してしまったので再度トライ。おととしよりも減水してたためほぼ水線と押しに行けた。上部ゴルジュも泳いで突破。遡行時間6時間。ただ鳳鳴滝は手前の右岸側から登ったので次は滝の直登を目指そう。こんなに楽しいゴルジュが身近にあるので仙台のクライマー&沢ヤのみなさん、HMI48ゴルジュの突破やろうぜ!
00520265247320_5af965029d_k20444665812_0f81a64163_k02120453333945_061a01a8d4_k02302602903320427059246_bab24dc0bd_k047

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2015

アンモ浦の滝を登ってみた。

本当は冬に凍ったときに登りたいのだが凍る可能性が低そうなので偵察に登ってみた。一応、岩手県で一番大きい滝らしい。あと黒崎、北山崎の海に注ぐ沢も数本。海の潮騒を聞きながらの沢登り。初めての体験。新しいジャンル?
Photo004_3012015

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2015

蔵王、名乗川小屋ノ沢~ガッカラ沢下降。

19、20日。予定してた沢が天気悪くて小屋の沢へ。小屋の沢も三回くらい登ってるがいつも日帰りなので沢中でお泊り。釣りながら登る。花崗岩の沢なので雰囲気がいい。上の二俣を過ぎてから泊。夕餉はイワナさんのソテーと刺身。翌日はガッカラ沢から下降。たまに泊まりで登ってみると楽しいもんだ。
002_2004_2008_2011_2013020_2022_2024025_2028

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2015

お弟子さんと中央ルンゼを登ってみた。

暑くなると登れなくなるのでお弟子さんを連れて黒伏、中央ルンゼ。先行パーティー4がいたがトラブルで下降したので貸切。最終ピッチだけお弟子さんにリードしてもらったが雨が降り出したのでフリークライムは断念。4.7hrくらい。
P6200063P6200065P6200068P6200076P6200079


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2015

笹木沢に泊まってみた。

笹木沢を登るのは5~6回目。地元の我々はいつも日帰りなのでたまに泊まりで笹木沢。荒れた定義林道をなんとか通り、矢尽沢の手前に駐車。そこから歩いて笹木沢に入渓。釣りながら登る。中間あたりはスノーブリッジがたくさん。今年は降水がすくないので多いのだろう。鎧滝を過ぎてから泊。イワナの塩焼きとウド、タラノメ、ヒラタケの天ぷらに舌鼓を打つ。ヒラタケの天ぷらは特に最高に美味!翌日は登山道に突き上げて楠峰から金吹沢を下降。ここもかなり雪が残ってた。大倉川から赤倉沢を登り林道に上がり車に戻る。
004005011016018020025

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2015

久しぶりに猿岩に登ってみた。

猿岩は8年ぶり。その間にその間に岩手・宮城内陸地震と東日本大震災、胆沢ダムの完成がありどう変わってるのか興味があった。猿岩までの道は全く変わっておりつぶ沼を通り、橋を渡り林道をつめていくと於呂閇志神社の奥宮の下に車が停められる。山頂まで登り赤布をたどりKGカンテルートの右を4発、懸垂下降すると取り付き。医大ルート~KGカンテルートを登る。湖面を見ながらの快適なフリークライミング。地震の影響か浮石もある。支点は老朽化しているんのでナチュプロも持っていった方がいいだろう。明るい雰囲気に生まれ変わった猿岩。また行って他のルートを登りかえしてみよう。
046049050059058_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2015

源次郎尾根を登ってみた。

本当は池ノ谷に入る予定だったが雪が少なくR4にも氷が全くないとの情報で剱岳、源次郎尾根に変更。1日夜仙台発。2日は立山駅から剱沢。3日は源次郎尾根。4日は雨の中下山。源次郎尾根はたくさんのクライマーで踏み後もありサクサク登れた。天気に恵まれ関東からのお友達5人で楽しいGWでした。
007008014017021

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2015

只見、鬼ヶ面山東面、マンモス尾根を登ってみた。

超豪雪地帯、鬼ヶ面山東面のマンモス尾根を登った。17日はダム下から台地まで7hr。18日は尾根末端から雪壁、ナイフエッジの雪稜。気温が高くまわりではブロック崩壊の爆音が鳴り響く。雪崩の恐怖に行くか敗退するか思案しながら登る。稜線まで11.3hr。台地着が午後9時。久しぶりのビッククライム。長年の課題を終えてほっと安堵。鬼ヶ面東面はまだ未登の雪壁、雪稜があるので来年も登ろうかな。
009010022026

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«にぎやかな仙人沢。