« 船形山で遭対訓練。 | Main | マンモスを見にいってみた。 »

March 22, 2014

山形神室、トンガリ山東面の雪稜を登ってみた。

山形自動車道を通る度に気になってたトンガリ山東面。偵察に行ってみたら東北ではめずらしい急峻な雪稜があった。3月中に何度か通い3本の雪稜を登ってみた。標高差が200mくらいなのでどの雪稜も短いのだがナイフエッジあり、雪壁ありでそこそこ楽しめる。目立つところだから昔、登られているのかもしれないが情報がないので不明。知ってる方いたら教えてください。アプローチも近いし、貴重な雪稜なので今後とも登ってみようと思う。トンガリ山山頂に突き上げるのが仮称T1稜、その右側に仮称T2稜、仮称T3稜。T1とT2の間の雪壁は時期的に遅く雪崩の危険もありそうなので今回は登らなかった。アプローチは雪の状態によるが笹谷ICそばのゲートから2~4時間。登攀時間はT1、T2ともロープなしで2時間くらい。T3は1時間くらい。興味のある方は登りに行ってみてください。
012015_2015_3001005_2015_4033

|

« 船形山で遭対訓練。 | Main | マンモスを見にいってみた。 »

Comments

まるちさん、
そうです。禿岳ダイレクト尾根です!
電車で行ったアプローチがそんなにたいへんじゃなかった記憶があったのですが、やっぱり東面だったんですね。
下半分はラッセルした記憶がありますが、上半はきれいな雪稜でした。懐かしいです。

Posted by: 中嶋睦月 | April 23, 2014 09:52 AM

山形市内なら右から雁戸山、笹谷峠、トンガリ山、山形神室と並んで見えますね。山形自動車道を山形方面に向かうとトンガリ山の東面がこんなふうに見えます。不思議とここだけヤセ尾根でやせた雪稜になります。禿岳の東面(宮城側)にはダイレクト尾根といってポピュラーな雪稜ルートがあります。たぶんそこじゃないかと思います。

Posted by: まるち | April 22, 2014 10:26 PM

山形神室って笹谷峠の北側ですか?こんなに綺麗な
雪稜があったんですね。当時住んでいたアパート
から真っ正面に見えた雁戸山には四季を問わず
登っていたのですが・・・
この近くでは、似たような感じの新庄神室にある
禿岳の雪稜を登りにいったことがあります。
初めての冬山の年でしたので、途中の急な斜面では、
工藤さんにザイルを2ピッチ出してもらいました。
記録を読むと、アプローチに四ノ原とか一本松という
地名がありました。西面だと思うのですが、定かでは
ありません。

Posted by: | April 22, 2014 08:41 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山形神室、トンガリ山東面の雪稜を登ってみた。:

« 船形山で遭対訓練。 | Main | マンモスを見にいってみた。 »